上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The ArchitectsのLIVEにフランク飛び入り!




映像観るまでてっきりArchitects(UK)と勘違いしてた!

チェックのシャツ姿!好きだーーーーーーーーーーーー!!!
日本のLIVEもこの姿でやってくれたら萌(ry



こう見てるとフランクはパンクスなのね~て思うよね。。。。。。かわいい。



スポンサーサイト
前回のレポ用に画像を探していたらイイのを見つけてしまったので久しぶりにペタリ。


Frank20111.jpg
凛々しいお顔。



Frank20114.jpg
むぎゅーーー!ってこれどういう状況?パンダ&フランクかわゆす。



Frank20113.jpg
キレイやのう。



Frank20112.jpg
最後はおちゃめなの。



さっき、めっちゃ時間かけてレポ書いたんだけど、もうすでに書いてたんだわたし。

記憶ねーーーーーー!!!!!!


ま、同じレポ2つあるけど気にしないで下さい!



1つ目→酔っぱらい 2つ目→シラフ
MCR2011.jpg



今でもまだニマニマしております。楽しかったし、新作の印象がガラっと変わりました。LIVE前は全然聞いてなかった「Danger Days」をヘビロテしてるし。
なによりフランクがかわすぎダーーーーーー!!!!!!



LIVEは「NANA」からスタート!アタマ数曲はレイのモフンモフンする頭に釘付けだったわたくし。めっちゃ笑顔だったし!「HOUSE OF WOLVES」での弾けっぷりはスゴくて思わずつられた(笑)激しいから自分でコード踏んじゃってよろけていたのは見逃さなかったぜ!

暗転中キラキラベースが目立つマイキーを見て、なに頭に白い物のせてるんだろ?と思ったら彼自身の髪でした。ごめん見間違えて。

新作は。。。と思っていたけど「SING」で完全にそんな思いは飛んでった!
~Keep running!!てキリッと客席を指差すジェラ兄には惚れますた♪
ジェラルドは動きがいちいちエロい(キス投げまくるし!)のに一瞬男前になるのがズルい!しかしスキニーはどうかと思うぞ。そのケツは。

1stからの曲もあって「OUR LADY OF SORROWS」は思いっきり飛びまくった!というかタイトル言った時点でキャー!だったのに私の周りの人はあまりリアクションが…次の「MAMA」のほうが盛り上がってて個人的にはちと悲しかったのですよ。

と、思ってたら大阪・名古屋ではやってなかった「FAMOUS LAST WORDS」が!思わず悲鳴に近いものあげちゃったよ。はずかし!だって、やらないんだ~って諦めてたからもうゾワゾワ!!!
やっぱり大サビの前の静かなパートが好きすぎる!レイはほんとに声高いなー。

「SUMMERTIME」
の時、マイクスタンド使って歌うジェラ兄のマイクを離す時の動きがめちゃくちゃツボだったのだけど文章にできね!そんなんできゅんきゅんしてたら、キターーーーー!「I'M NOT OKAY(I PROMISE)」もーーーう!この時のフランクが可愛すぎてネ!ビヨーンビヨーンて跳ねながらR側まで来てくれるし!満面の笑顔だし!あれがパパだなんて!かわいいよーーーーー!もう犯罪的!!残念ながらフランクの~trust me!!は全然聞こえませんでした。でもかわいいのでヨシ!

「THE GHOST OF YOU」
原曲よりゆるーい感じにアレンジされてました。原曲のあのヒリヒリした感じが好きなんだけどなー。「VAMPIRE MONEY」のあたまのセリフ(?)はレイしかまともに聞こえませんでした(笑)どこまでもキチンとこなすレイ。きっとあなたがいるからこのバンドは続いてるんだねw

「TEENAGERS」
フランクのあのコーラスとは言えないスクリームが凄くて思わず吹き出した!!

「THE KIDS FROM YESTERDAY」~「HELENA」への流れはキレイだったなー!
おなじみのコール&レスポンスがあっての「HELENA」!やっぱグッとくる曲!ほんとキレイで悲しくて!これで本編終了。


アンコールは「WELCOME TO THE BLACK PARADE」から。大人しめだったこの日の客もこれは大合唱になってた!キャリオン!キャリオン!

暗転してる間にステージ上はジェラルドだけ(キーボードは居たはずだけど私からは死角で)に。
後光のみでお顔がまったく見えない中「CANCER」やっと顔が見えたと思ったら曲終了でそのままLIVEが終了してしまった!


え!他のメンバーなんて暗転中にステージ降りちゃってるし、ジェラルドも「じゃっ!」て感じであアッサリはけてしまったし、終わりがあまりにもサラッとしていて拍子抜けしてしまいました。
もっとメンバーに、わー!ありがとー!!みたいなのが出来る感じで終わってほしかった(泣)



全体的にジェラ兄のしゃべりが普通で少なかったので、まだ調子悪かったんじゃないかと思う。
今までのLIVEでは、もっとベラベラいろんな事しゃべってた気が。

アリーナ後ろ1/3くらい人入れてなくて、さらにBブロックの前半もAブロックに入れてたみたいで、かなり客の入りが悪かったのかなぁと。やっぱZEEPでよかったんじゃね?








実は、このLIVEで一番こころに残っている事は、

開場直後に目の前を走っていく女子二人組がケータイを落としていったのですよ。
階段だったもんだからおばちゃん走れず追いかけられなくて、近くのスタッフに預けたんだけどクロークでその子達に追いつけたから「ケータイ落としませんでしたか?あのスタッフに渡しました」と教えたんですよ。
で、ブロックに入ってほげーと開場見渡してたら、さっきの子達が視界に入って「あ、同じブロックだったんだな」と思ってたら
「あれ、さっきの人じゃない?」という声とともに逃げていきました。

逃・げ・ら・れ・た

オイラの心にちいさな傷が新たに増えました。


約30分押しで始まったマイケミ。
あたま数曲はレイのモフンモフンする頭に釘付けだった!めっちゃ笑顔だったし!白い歯が輝いてたよ!


ジェラルドは動きがいちいちエロいのに一瞬男前になるのがズルい!
しかしスキニーはどうかと思うぞ!そのケツは。もっちりしすぎwww


I'M NOT OKAYのフランクはぴょこぴょこ跳ねまくってて犯罪的にカワイスギ!
そのときだけはR側にもきてくれたんだよー!


照明落ちてる中のマイキー見て、なに頭に白い物のせてるんだろ?
と思ったら彼自身の髪でした。ごめん見間違えて。




まさか「Famous Last Words」やってくれるとは!大阪&名古屋やらなかったのに。
思いが通じた瞬間です!大サビの前のパートはヤバス!


しかしみんなMAMA好きだね~その前の「Our Lady Of Sorrows」の方が個人的にアガったよ?
なぜみんなはしゃがない?


「THE GHOST OF YOU」は原曲よりメロウにされてて。。。原曲のヒリヒリした感じが!
よりエモーショナルなのが好きなのに!ゆるかったな~。


でも、「SING」のKEEP RUNNIG! (キリッ
は、やられた!男前だよ!



なんだかものたりなかったのはやっぱGee兄の言葉が少なかったからかな?もっと詩的な事いっぱいしゃべるよね?それがなかった!




アンコール:WTBP→Cancerは、Gee以外のメンバーがいつのまにか居なくなってるのでなんだか悲しい。
もっと、フランクにさよならを言わせてよ!


でもThe Kids From Yesterday→HELENAはかなりキレイな流れだったと思う!
アレはすぐ「HELENA」への流れだと解っちゃうけどね。




まー客の入りが散々だったとか盛り上がりいまいちだっとかイロイロあった。

でも、キレイなGee兄が見れて、新作も結構いいじゃんと思えたよ。キレイな曲。
スタジムバンドになりつあるね。それはそれでなんだか悲しい。。。



もうマイケミは攻めないのかな。





2011/02/05 @横浜アリーナ

Na Na Na (Na Na Na Na Na Na Na Na Na)
THANK YOU FOR THE VENOM
Planetary (GO!)
House Of Wolves
SING
Desolation Row
Our Lady Of Sorrows
MAMA
Famous Last Words
Summertime
I'M NOT OKAY(I PROMISE)
The Only Hope For Me Is You
THE GHOST OF YOU
Vampire Money
Teenagers
The Kids From Yesterday
HELENA

-------------------------------------
Welcome To The Black Parade
Cancer



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。